BBS 元気の出るくすり屋さん”漢方薬局 yakukanpo”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いちご~肌のトラブルに強い味方。たった10粒で1日分のビタミンCを補給~

ichigo
 いちごの最大の魅力は、なんといっても豊富に含まれるビタミンCです。中粒のいちごを10粒ほど食べれば、1日の目標摂取量である100mgを補給することができます。1本の喫煙で約25mgのビタミンCが破壊されますので、喫煙者にはいちごは絶好の食材。

 ビタミンCにはコラーゲンの生成を助ける働きがあり、血管・皮膚・粘膜などの健康維持に効果を発揮し、ウイルスや細菌に対する抵抗力を強化します。また、強い抗酸化作用によって過酸化脂質の生成を抑制し、動脈硬化の予防にもつながります。

 いちごには、水溶性の食物繊維ペクチンが豊富に含まれています。ペクチンには、腸内でのコレステロールや糖分の吸収を妨げ、コレステロール値や血糖値の上昇を抑える作用があります。

また、乳酸菌などの有益菌を増やす作用もあり、高脂血症や糖尿病、大腸ガンなどの生活習慣病の予防効果が期待できます。なお、いちごの赤い色素(アントシアニン)はポリフェノールの一種で、発ガン抑制、肝機能の改善、視力の向上などに効果があるとされています。また、クエン酸やリンゴ酸も含まれていますので、疲労回復や食欲増進に役立ちます。

調理のポイント
ヘタを付けたまま洗う。
ビタミンCが流出しないように、ヘタを付けて洗いましょう。

酸味を加えて栄養価アップ
適度な酸味を加えることによってビタミンCが安定します。レモン汁やヨーグルトと合わせて摂取しましょう。
スポンサーサイト

アーモンド~老化防止のビタミンEが抜群(*^^)v 若返りのビタミンEと成長を促すビタミンB2が豊富~

amondo
 アーモンドの栄養素で特筆すべきは、ナッツ類のなかでもダントツの含有量を誇るビタミンEの多さです。

 ビタミンEは、活性酸素から細胞を守り、ガンや脳卒中などの生活習慣病や老化を予防します。また血行をよくし、冷え性、肩こり、頭痛などに有効です。

 またビタミンB2も豊富に含まれますが、B2は成長に欠かせないビタミンで、細胞の再生やエネルギーの代謝を促進します。健康な髪、爪、肌をつくり、動脈硬化を予防します。

 ほかに、ビタミンB群のナイアシン(ニコチン酸)も含まれ、血行をよくし、二日酔いを防ぐほか、皮膚を健康に保ち、脳神経の働きを助ける効能があります。さらに、骨を強化するカルシウムや、貧血の予防や改善に役立つ鉄分、高血庄を防ぐカリウムなども含んでいます。

 また、アーモンドはリノール酸やオレイン酸などの不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。リノール酸やオレイン酸はコレステロール値を下げ、動脈硬化や高脂血症に有効です。

調理のポイント
★生のアーモンド
生のアーモンドは、そのままでも食べられますが、フライパンなどの弱火で軽く妙めると香り豊かになります。

★料理に使用するには生
ローストされたアーモンドは食感がよく香ばしいのですが、ビタミン類は加熱によって損失するので、料理に使用するときは生のアーモンドを使いましょう。

きゅうり~むくみをとり、利尿効果抜群の野菜。栄養価はないが、高い利尿作用~

kyuri
 きゅうりは90%以上が水分であるため、栄養価はあまり期待できません。しかし、カリウム、マグネシウム、カルシウムなどのミネラルを含んでいます。カリウムは体内の余分なナトリウムを排泄する働きがあるので、血圧降下に役立ちます。また、イソクエルシトリンという機能成分も含まれており、利尿効果、むくみ解消、のぼせの改善が期待できます。

 独特の青臭さはビラジンという成分。これは血液をサラサラにし、血栓ができるのを防ぐ働きがあり、心筋梗塞・脳梗塞の予防に役立ちます。

 きゅうりの頭部にある苦味はククルピタシンによるもので、抗ガン作用があるといわれています。

 きゅうりにはビタミンCを破壊する酵素・アスコルビナーゼが含まれているため、食べ方には注意が必要です。ほかの野菜やジュースと一緒にとると、ビタミンCが壊れてしまいますので、酢を加えるなどの工夫をして食べましょう。その意味で、きゅうりの酢の物などは理にかなった食べ方です。また、胃腸の弱い人や冷え性の人は下痢を起こすことがあるので、要注意。

uri

調理のポイント
★青臭さとイポをとる
まな板の上にのせて、塩を振り、上から押すようにして転がすと、臭みとイポがとれます。

★ビタミンCの破壊を防ぐ
きゅうりに含まれるアスコルビナーゼにはビタミンCを壊す働きがありますが、ドレッシングや酢を使って調理すれば防げます。

紅茶~カテキンより強力な紅茶の赤い色素~

tea
 紅茶は、茶葉を陰干しにしてから完全に発酵させたものです。緑茶は不発酵茶、ウーロン茶は半発酵茶です。

 この3種類のお茶は原料が同じですから、栄養成分もほとんど同じですが、微妙に異なるのがビタミンCの有無とカテキンの含有量。まず、紅茶は発酵茶ですから、緑茶のようにビタミンCは含んでいません。その代わり、発酵によってカテキンの分子が2つ結びつき、テアフラビンという紅茶特有の赤い色素に変化します。テアフラビンは抗菌力が強く、風邪やインフルエンザの予防にも効果を発揮します。また、体内では強い抗酸化作用によってガン予防に役立つだけでなく、脂肪や糖分の吸収を阻害してコレステロール値や血糖値を下げる働きもあります。

 紅茶にはカフェインも含まれており、中枢神経を刺激して脳を活性化し、集中力を高めてくれます。カフェインには、疲労回復や利尿作用、老化防止、脂肪分解作用などもあります。カテキン、カフェインともに、緑茶やウーロン茶よりも豊富に含まれており、生活習慣病の予防効果が期待できます。

★紅茶の入れ方1
紅茶をおいしく味わうには、茶葉の大きさによって蒸らす時間を変えましょう。葉の大きいダージリンは約5分、葉の小さいセイロンは3分を目安に。

★紅茶の入れ方2
温めた紅茶ポットに茶葉を入れ、くみたての水を沸かした熱湯を勢いよく注ぎます。空気が混じったお湯ほど、紅茶を色よく、おいしく抽出できます。

緑茶~多彩な効能があるカテキンの力~

greetea
 中国伝来のお茶文化は日本で独自の発展を遂げ、日々の暮らしになくてはならない飲み物となりました。緑茶は中国茶や紅茶などと違って発酵をさせませんので、葉の緑色が残り、うま味や渋味、香りなどの繊細な味わいを楽しむことができます。渋味はカテキン、苦味はカフェイン、うま味はテアニン、香りはテルペン類によります。

 カテキンはフラボノイド系ポリフェノールの一種で、タンニンの主成分です。抗酸化作用や免疫力を高める働きがあり、風邪やガンの予防に有効。また、脂肪や糖分の吸収を抑える働きもありますので、生活習慣病の予防も期待できます。カフェインには、眠気の防止、疲労回復、利尿作用などがあります。アミノ酸の一種であるテアニンは、自律神経のバランスを調節して、血圧をコントロールする働きがあります。

 緑茶には、皮膚や粘膜を保護するビタミンCをはじめ、高血圧予防に役立つカリウム、骨を丈夫にするカルシウムやマグネシウムなども豊富。葉には食物繊維も含まれていますので、料理に活用しましょう。便秘改善や大腸ガン予防も期待できます。

★おいしい飲み方
煎茶は茶葉5gに70~80度の湯を100∝入れ、1分おきます。玉露は約60度の湯で、番茶やほうじ茶は熱湯で入れましょう。沸騰させてカルキを抜くと、水道水でもおいしく味わえます。

★茶殻の利用
茶穀はふりかけや天ぷらの衣に再利用。ビタミンCや食物繊維を摂取できます。
プロフィール

漢方相談薬局 yakukanpo のページ

Author:漢方相談薬局 yakukanpo のページ
明石市にある漢方薬の相談薬局です。”げんきの出るくすり屋さん”を目指しています。
『臓腑と経絡から捉えた漢方薬の調合と養生法の説明を得意としています!』
不妊・更年期などの婦人病・高血圧・糖尿・ニキビやアトピーなどの皮膚病・子供の病気など多様なご相談に誠意をもってお答えしています。

ホームページは
http://www.kigusuri.com/shop/yakukanpo/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。